・台湾人材を採用するメリット


いよいよ4月から外国人材受け入れが法的に施行されます。
 
当然台湾人材に向けられる視線は非常に熱い物が御座います。日本人と相容れる部分では、台湾人材が最も適しているのではないかと思います。文化、教育背景に於ける類似性、日本への適応性ではトップクラスと言えるでしょう。
 
外国人受け入れに際するリスク論から申し上げますと、一番リスクが少ない国に相当するでしょう。
メリットは、日本で真剣に働きたいと思っている人材が非常に多く存在し、台湾では日本文化の紹介が行き届いており、また実際に何度も日本を訪れている人材が多く存在し、日本を周知している事が挙げられます。また、日本留学経験などした方は、家庭的に恵まれている人材が多いので、深層部でのリスクが軽減されることは間違いありません。
 
台湾人受入に関するお問い合わせが非常に多く来ております。詳細事項のアドバイスが必要でしたら御連絡下さい。


・台湾人材の活用方法


最も親日で日本に親しみを持っている人材だと言っても、言葉、教育、文化、風習が違いますので台湾人材を活用するにはそれなりの人材活用術を取らなければなりません。
台湾では労働基準法が労働者向けに作られていますので、雇用する際には、日本の労働法の説明と、企業もその遵守が求められます。
台湾では日本を始め、欧米企業がひしめいており、またその中で揉まれているのが台湾人材になります。
国として認められていないと言う事実の中で、しかしながら世界中の優良企業がITを始め全ての業種が進出しているのも台湾の実情です。日本人の悪い所は、アジアの中では日本がNO1だと思い込んでいる所です。国際化された台湾人の活用方法は、やり方によっては倍にも3倍にも活用できます。それらのノウハウを伝授する事は可能です。


・台湾現地法人向けUターン人材の活用方法


台湾に現地法人を構えていらっしゃる日本企業向けの台湾人材の活用方法です。
 
有能な台湾人材を日本で育て上げ、現地台湾の幹部として活用することは、もはや現地化を望む企業では当たり前のことになります。その中で、現地駐在員とのコラボレーションをうまく生かすために人材マネジメント方法もしっかりと策定しなければなりません。
良く見受ける例ですが、現地駐在員が日本的考え方が抜けず(日本本社が外国を知らず、日本的企業コンプライアンスを押しつけ海外経営をする為)現地の社員を効率よく使うことが出来ない事案の相談を受けます。
その際弊社では、そのギャップを埋めるための解決策をご提案するとともに、幹部人材・社員向け教育訓練も並行して行っています。

・採用台湾人材の教育訓練


・経営者向け人材活用法
・個人向けコーチング
・台湾人材活用塾
・何でも相談塾






・台湾人材を活用するための取り扱いマニュアル


台湾人材をうまく活用するためにはノウハウが御座います。現地で培ったそのノウハウを経営者の皆様に伝授いたします。
マニュアルは各個人の適正、背景、今までの経歴を見れば見出すことが出来ます。台湾人材の活用方法にお困りの経営者様は一度ご相談頂くと気が付かなかったことに答えを見出すことが出来るかも知れません。

・優秀な台湾人材の見極め方


優秀な台湾人を受け入れる為には現地にて人材の募集、貴社の宣伝、人材のフィルタリングを行い面接、採用活動を積極的に行う必要が御座います。
 
・現地での人材採用活動
・フィルタリング
・何を以って良い人材と判断するか
・台湾人材に対する福利厚生
・給与水準は
・採用していい人材・採用してはいけない人材の見極め方
 
優秀人材の採用に至る迄多くの過程が必要です。面接では良いと思ってもそのバックグラウンド迄見抜く事はなかなか難しい事です。
皆様が疑問に思う所を的確にお答えいたします。
 

・台湾の教育背景

 
基本的に台湾の教育は進んでいます。
大学に関しては、入学には寛容ですが卒業に関しては厳しく学生を判断します。日本とは逆になります。
通常のサラリーマン家庭ですと、日本と比べると収入が未だ安い部分も有りますので、裕福層を除くと基本共働きが一般的です。
すると、幼稚園での教育激化が進みます。台湾では2歳くらいから英語教育やモンテッソリー教育を取り込み各幼稚園、幼稚園の時間が終わった後の塾(台湾では安親班と呼びます)の教育が非常に進んでいます。言語に関する部分では、ここで必ず英語教育が行われますし、家庭では中国語、台湾語が使用されるので、語学に関する脳の発達も日本人より進んでいます。
しかしながら、弱点も多数存在します。
経営者としては台湾人材の弱点をしっかりと理解した上で、それをうまく克服させ効率よく仕事をさせる必要が有ります。
弱点を克服する部分に関しましてはご相談下さい。
 

・台湾と日本の企業文化の違い


台湾と日本の企業文化はかなり違う部分が御座います。日本では稟議だ稟議だとやたら意思決定に時間がかかり非効率な経営をしているケースも見受けられます。
台湾ではこのような企業も有りますが、しっかりと成長している企業では意思決定のシステムが簡素化され、部門ごとで人材の採用が行われている事が日常茶飯事で、日本企業と比べるとかなり国際的になっています。
他にも挙げればきりが有りませんが、そんな中で活躍してきた台湾人材から学ぶこともできるのではないでしょうか。
IT政策と農業政策で短い歴史の時間の中でのし上がった国ですので、未熟な部分は沢山ありますが、それ以外の狡さ、横のつながりの活用方法など見習うべき部分も沢山ございます。
台湾進出、台湾人雇用に関してはこれら歴史の背景も学んでは如何でしょうか。
 
 

台湾から優秀人材を採用するには??

 
・台湾人材採用には秘訣が御座います。
 
・優秀な人材採用の探し方、見極め方、採用の仕方をアドバイスいたします。
 
・採用後の台湾社員を定着させるアドバイスも致します。
 
・優秀な台湾人材が必要な時は・ 弊社に御連絡下さい。