台湾で成功している会社と失敗する会社

 

台湾で成功している会社


台湾で成功するためにはこの国を理解する事から始めてください。
 
歴史・文化・民族性・物事の思考回路・教育背景・法律・国の考え方 等々
書き始めたらきりが有りません。
しかしながら成功している会社は、これらの事をしっかりと捉えて理解し、実践されています。
 
成功されている会社に共通している点は、自社の SWOT分析 がしっかりと為されている点にあります。
・S=強み  目標達成に貢献する組織の特質
・W=弱み 目標達成に障害となる組織の特質
・O=機会 目標達成に貢献する外部の特質
・T=脅威 目標達成の障害となる外部の特質 
 
上記の戦略分析は基本中の基本です。
 
 
重要点は
 
 事前情報はしっかりと勉強したか
 
  知らない海に飛び込むほど危険極まりない ご存知ですか?
 
 進出支援企業の見極めは問題無いか
 
  名前だけで選んでませんか?そこに日本駐在員がいても所詮2,3年の経験値しか
  ありません。失敗している企業を見ていると、この罠にはまっています。
 
 進出目的は計画的で成功図が描けているか
 
  計画が緻密に出来上がっているか。一緒に共にする仲間は強力ですか?
 
 現地で管理者に任命する人材の見極めは問題無いか
 
  駐在させる人材は社長クラスの度胸と肝を持っていなければなりません。
 
 資金は十分か
 
  台湾は物価が高い。十分耐えうる資金はお持ちですか?
 
 現地人材採用はきちんとした考えがまとまっているか
 
  理念の植え付け、ベクトルの共有方向を明示できているか。
 
 現地人材に教育は行えるか
 
  新人から採用、教育する日本とはスピードが違います。即戦力教育出来ますか?
 
 日本人思考を国際思考に柔軟に変更することが出来るか
 
  スピードが求められる国際競争に勝ち残れる思考能力・行動力が有りますか?
 
 国際的コンプライアンスを実行できるか
 
  海外では海外の法律が有ります。それらを当たり前だと思ってください。
 
 
企業に見合った優秀な人材の獲得、人材育成、明確な企業経営方針、投資の仕方、台湾文化と日本文化の融合、そして現地に入ったのならば現地の人になるつもり位の決意が必要になります。
 
 

台湾で失敗している会社


 投資する人(会社)が台湾に進出する目的・意義を本当に理解していない
 
 本気か ➾ 現地の責任者に責任を全て追わせて的確な指導が無い
 
 台湾に投資する人材は優秀か・マネジメントできるか・柔軟な思考を持って
    いるか
  ➾ それを実行できない人材を派遣している
 
 成功させるための、人材採用が行えるか。人材を判断できる能力が有るか
  ➾ 現地同列日本企業の給与などばかりを気にし、優秀な人材を逃している
    海外経営に日本文化を当てはめていませんか。
 
 資金は十分か
  ➾ 十分な資金を持ち合わせず、チャンスが有っても持ちこたえる力が無い
 
 現地ばかりに責任を負わせ、投資者は成功するための道筋を指導できているか
  ➾ 理解不足に尽きる エゴ 
 
 台湾の労務・法律を順守
  ➾ 日本の慣習をそのまま押し通していないか  法令順守の精神

上げたらきりが有りません。
成功するために話し合いをしましょう。
 

無料相談の受け付け


最初の1時間は無料です。それ以上もサービスしています。

気に入って頂ければ、実際のコンサル費用は1時間当たり10000円と低価格です。
 
ノウハウをしっかりと盗んでください。
 
お問い合わせ: こちらからお願い致します